思春期の中学生に最適な防犯メール

小さな子供だと一人での行動範囲はそれほど広くはありませんが、中学生にもなるとだんだん行動範囲は広がってきます。新しい友人もできて交友関係が広がることもありますし、塾などの習い事に一人で通うことになるケースも多くあります。 思春期を迎える年頃ですから、その日の帰宅時間を毎朝確認されるのを嫌がる子供もいるでしょう。保護者にとってはいつまでも心配なものですが、その心配を素直に受け入れることができなくなる時期でもあります。 そういった時に便利なのが防犯メールです。IC乗車券を使用して対象駅の自動改札を通過すれば、自動的に保護者に通貨時刻のメールが通知されます。毎日の心配を電話やメールで確認しなくても自動的にメールが来るシステムで、子供にとっては普段と同じように駅を利用するだけなのでお互いの負担なく安心することができます。

駅の通過時間が分かるのでお迎えも楽になる

中学生の防犯対策として人気となっている見守りサービスは、あらかじめ通知されるアドレスを登録しておきます。月額500円とリーズナブルな料金体制となっており、この500円で子供1人から通知先1件への通知がされるようになります。子供が何時にどの駅を通過したのかが分かりますので、保護者にとってはとても安心できるサービスです。 最寄り駅から自宅までが遠い場合は、暗い時間帯だとお迎えが必要になることもあるでしょう。このサービスを利用すると、毎回連絡を取らなくても駅に着く時間がある程度予測できるようになりますので、子供にとっても保護者にとっても便利になります。 また、子供1人につき保護者2人に通知が欲しいというご家庭にも対応しています。月額100円加算することによって通知先を1件追加できます。

親にも子にも優しい見守りサービス

思春期になると親離れをしたい気持ちが芽生えてきますが、精神的にも経済的にも未熟な面があるので、親の過干渉をうるさいと思いながらも、親に見守って欲しい気持ちもありその時々で気持ちが揺れ動くことが普通です。 親は、子供がまだまだ心配でつい口うるさくしてしまったり、何度も連絡を取ってしまったりすることがありますが、干渉しすぎてはいけないことも分かっていて、やはり気持ちが揺れ動く時期です。お互いの気持ちに寄り添いながら、安心できて防犯にもなる見守りサービスは、親にも子にも優しいサービスです。 駅を通過したことを知らせたり、知ったりしながら途中で友達とのおしゃべりを楽しんだり、ジュースやお菓子を買い食いしていることは分からない適度な距離感を保つことができるので中学生にぴったりな見守りサービスです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加